スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad 570 その10 -リナックスを入れてみよう! 2-

700fe36a.jpgリナックスは、基本的に無料のOSです。

「リナックス」というのは本来いわゆるOSの心臓部分(カーネルというらしい)のみを指す呼び名らしいです。そして、そのカーネル部分にいろいろなソフトウェアをセットにして配布するものをディストリビューションというみたいです。ディストリビューションによっては有料のものもあるみたいです。



そのたくさんあるディストリビューションの中から、使いたいものを選んで使うわけです。なぜ私がパピーリナックスを選んだかというと、

検索で最初に目に付いたからです!

まあ、要するに何もわからないので何でもいいわけです。とにかくやってみましょう。



パピーリナックスのサイトにアクセスして、ディスクイメージをダウンロード。そいつをとりあえずCDに焼きます。さて、本来ならばこのCDからブートしてそのまま使用したり、HDにインストールしたり、またはUSBメモリにインストールしたりして使うのです。そうです、リナックスはHDにインストールしなくとも手軽にUSBメモリ等から起動して使用できるのです。



例えば他の人のパソコンをちょっと借りてUSBメモリから立ち上げて使ったりとか。どこでも自分の環境でパソコンを使うことができるのです。とても便利ですね。



さて、CDに焼いたものの、その後どうしよう。このCDからブートしたいのはやまやまですが、このThinkPad570につないで使用しているNOVACのPCカード接続CD-ROMドライブからは、ブートできないのです。(NOVACのサイトにそう書いてあります)Pupyのサイトを見てみると、「CDから起動できない時は、CDのブート順位を最初に変更しましょう」などと書いてあるし。そんなこと知ってるよ。それをやってもダメな場合の事を教えてくれ。CDから起動不可能な時とか、そもそもCDドライブが無い人はどうするんだ?。



そんな時は、さっそくネットで検索です…。ありました、ありました。先人たちの知恵を拝借いたしましょう。どうやら、FDから起動する方法があるらしいです。WakePupというらしい。こいつから起動して、CDやUSBメモリ等どれから起動させるか選ぶらしい。早速やってみましょう。



まずはWakePupで検索してブートFDの作り方を調べます。わかりやすく解説してくださっているサイトやブログを読み、参考リンク先に行ってみると、海外のサイトだったりします。そう、リナックスも日本語版があるというものの、基本的には海外のものなのです。



ですから、このような英語のサイトとか、英語の解説とかは避けて通れません。英和辞典片手に取り組む事にします。こういう時に中学高校で習った英語が結構役に立ちます。いくつかわからない単語の意味さえ調べれば、大体意味がわかります。日本の英語教育も無駄にはなっていないようです。



Puppy Linuxのディスカッションフォーラム(英語です)からWakePupのFD作成用のバッチファイルをダウンロードできました。こいつを実行させると、Puppy LinuxのブートFDが出来ます。それも問題なく作成できました。いよいよ起動してみます。FDをセットして電源ON。ディスクが読み込まれ、FREE DOSが起動しました。FREE DOSとは、フリーウェアのMS-DOSみたいなものです。起動が進みます。ハードディスクやUSB、CD等各種デバイスが読み込まれます。実は今接続しているNOVACのCD-ROMドライブのDOS用ドライバも仕込んでおいたのですが、それも無事読み込まれ、認識されました。やがて、画面がストップしました。「Boot Puppy2 Linux from IDE/USB drives」と表示されています。ということは、IDEかUSBじゃないと起動できないということか。今接続しているNOVACのドライブはSCSIなのです。このドライブからは起動できないのでしょうか。「Press any key to continue」とあるので、enterを押すと起動が続行されました。



「Checking any USB drive for marker file USBFLASH」とか表示されています。他にもHDやCD-ROMドライブをチェックしているようです。何をチェックしているのでしょうか。次に「Hmmm...could not find the Puppy2 file~」となりました。どうやら、何かを探して各ドライブをチェックしたが、見付からなかったようです。「Hmmm...」とためいきをつかれてしまったようです。



何を探していたのでしょう。「Checking any USB drive for marker file USBFLASH」とあることから、「USBFLASH」という「marker file」を探しているらしいです。マーカーファィルとは何でしょう。続いて表示されるメッセージに説明されています。(もちろん英語です)「The marker file is an empty text file used by wakepup2~」とあります。PUppyを起動させるのに使う空のテキストファィル、ということでしょうか。このことを手がかりにネットで検索してみました。結果、以下の事がわかりました。

1.まず最初にPuppyのCDの内容をUSBメモリやHD等、起動させたいデバイスにコピー。

2.そこにメモ悵などで空のテキストファイルを作成。ファイル名を例えばUSBメモリならUSBFLASHというように規則にしたがって付けます。その規則はWakePupの最後、「Hmmm...」の後に書かれています。がんばって読みましょう。気をつけなければならないのは、ファイル名の後に拡張子をつけてはいけません。認識されなくなります。これがmarker fileとなります。そのファイルを起動させたいデバイスの第一階層に置きます。

3.そしてwakepupを起動させると、このmarker fileが置いてあるデバイスがPuppyの起動デバイスとして認識されます。こうしてなんらかのデバイスが認識されると、「Hmmm...」とはならずに、起動デバイスの選択画面になります。後は起動させたいデバイスを選んでやるとめでたくPuppyが起動する、というわけです。



で、私はどうしたかというと、無事成功しました!USBメモリからも、HDからも起動できました。しかし…。



違うんだ!



そう、この方法はあくまでもCDやUSBから起動できないPCを使う時、FDで起動してデバイスを認識させてから起動させるやり方なのです。ですからHDから起動させる場合でも一旦FDからwakepupを起動して、それからでないとHDから起動しないのです。

私は直接HDから起動させたいわけです…。



思わずめちゃめちゃ長くなってしまいました…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサードリンク
アマゾンサーチ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
スピッツが好きなウチの長女さまのブログ。 バンドやったりしてます。勉強もしているようです。
スポンサードリンク
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。