スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅のWiFiにiphoneをつなごう。 その4 ~暗号キーのわからない無線LANにiphoneをつなぐ~

さて。3回にわたり無線LANの基礎知識っぽい事を書いてきましたが、今回はいよいよあなたの自宅の無線LANに接続してみましょう。いままで書いてきた通り、無線LANは基本的に「SSID」と「暗号キー」がわかれば接続できます。もしかすると「MACアドレスフィルタリング」のようなセキュリティもかかっているかもしれませんが、そんな設定ができるような人は接続に苦労するような事は無いと思いますのでここでは「SSID」と「暗号キー」だけで考えていきます。

まず、方法その1です。「ルーターの設定画面を開き、セキュリティ設定を確認する」です。
ルーターは、必ずパソコンから設定を変更できるようになっています。その設定画面を開ければ暗号キーなどを見ることができます。大抵はブラウザからルーターのIPアドレスを入力するか専用のユーティリティソフトを使用します。IDとパスワードも必要なはずです。そしてその方法は取り説に書いてあるはずです。

……はあ?という方も多いでしょう。IPアドレスって何?。取り説なんかどっかいっちゃった。そんなところでしょう。私も、いちいちルーターのアドレスなんかおぼえてません。設定なんか基本的に変えませんからね。

という事で、方法2です。この方法は、あるソフトを使用します。すると、設定画面を開かなくともSSIDと暗号の種類、暗号キーがわかります。ただし、もちろん現在無線で接続されているパソコンが必要です。

まず、無線LANで接続されているパソコンを起動します。ただし、Windowsのみです。他のPCの方、ごめんなさい。 そして、次のソフトをダウンロードしてインストールします。クリックでサイトに飛びます。

『WirelessKeyView』 

英語のサイトですが、画面下から3分の1ほどにある Download WirelessKeyView という文字をクリックするとインストーラーをダウンロードできます。インストール不要のソフトなので任意の場所に保存、解凍します。解凍したら WirelessKeyView.exe というアイコンをダブルクリックで起動します。起動するとこんな画面が開きます。

ssid-01.jpg

一番左が「SSID」です。そして左から4番目の「Key(Ascii)」という所が「暗号キー」です。「AOSS」等で自動設定した場合、「SSID」と「暗号キー」は非常に長いランダムな英数字になっているんじゃないかと思います。「SSID」は表示されているものを選ぶだけなのでいいですが、「暗号キー」は初回は入力しなければならないので大変ですが、一度入力してしまえばあとはiphoneが記憶しているので大丈夫です。これがあなたの無線LANのセキュリティ設定です。あとはこの文字をiphoneに入力してやります。

では、今度はiphoneに移ります。「設定」→「Wi-Fi」で「Wi-Fi」をオンにします。すると下にある「ワイヤレスネットワークを選択…」にSSIDが表示されるはずです。されたら選択。

せんたく

するとキー入力を求められますので、暗号キーを入力。正しく入力できれば…。接続されるはずです!どうですか?この方法を使えば、これから無線LANを導入する方もまず「AOSS」等で自動設定、次にこの方法で暗号キーを調べiphoneに接続、という感じでいけるんじゃないかと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサードリンク
アマゾンサーチ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
スピッツが好きなウチの長女さまのブログ。 バンドやったりしてます。勉強もしているようです。
スポンサードリンク
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。