スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPadその3

6.マザーボードが届きましたよ。



早速交換してみます。IBMのノートパソコンは、分解方法等を記してある保守マニュアルというものがIBMのサイトで公開されています。なので、このような時にとても助かります。

マニュアルに従って分解し、マザーボードを交換します。HDのマウンタも取り付けて電源を入れてみると…。同じだっ。全く変わってない。



まさか2つのマザーボードが全く同じように故障しているとは思えないし。

となると残るはHDのケーブルか。しかし、見たところ特に傷もついていないし。さて、また分からなくなってしまいました。



7.衝動買い



半分あきらめかけていたところ、近所のハ○ドオ○で見つけちまいました。

IBM ThinkPad iシリーズ 型番は忘れた。にACアダプタ(私の570でも使えるやつ)がついて1050円。

これは安いんでないかい。本体は液晶割れで使い物にならないので、これはどうでもいい。ただ、ACアダプタはヤフオクとかで買っても送料あわせればたいてい1000円は超えてしまいます。それに6.4GBのHDもついてます。もしかしたらメモリもついてるかも。



買っちまいました。また投資金額が増えました。これであきらめるわけにはいかなくなりました。



8.最後の投資だっ



さて、どうしてもHDを読み込んでくれません。CMOSバッテリーを交換してもダメ。HDにWin98じゃなくMS-DOSをいれてみましたが、ダメでした。(もちろん、他のパソコンでは起動しましたが。)このときにHDからMS-DOSで起動させる方法等、勉強しました。

IBMのサイトにはパソコンの診断プログラムも公開されています。それを使えば故障箇所の特定ができたりするのです。ただ、それを使うにはFDDが必要なのです。FDDさえあれば。診断プログラムもつかえるし、DOSで起動して外付けのCDドライブを動かしたりもできるし。よし、FDDを入手しよう。

ヤフオクやビッダーズ等見て、300円+送料300円=600円で入手しました。



9.FDDがきましたよ。



FDDがきました。早速Win98の起動ディスク(富士通のFM-V用のリカバリなのですが、パーテーション分けやフォーマット等できてとても便利なのです)を入れて起動してみると、無事FDを読み込んで起動しました。ということは、コンピューターとしては生きているようです。次にfdiskを起動しようとすると…起動しません。どうやら、ハードディスクが認識されていません。やはりね。BIOSでみてみても、HDは認識されていないようです。ん?確か前にみたときはBIOSでは認識されていたのに。おかしいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初コメです。

えと、面白く読ませていただいております。

ところで、HNはなんですか?

これからの展開を楽しみにしています。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサードリンク
アマゾンサーチ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
スピッツが好きなウチの長女さまのブログ。 バンドやったりしてます。勉強もしているようです。
スポンサードリンク
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。