スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS4.2アップデート来た!そして音量調節の不具合解消!

iphoneのiOS4.2のアップデートが公開されました。さっそく更新しました。公開されている新機能は、 アップルのサイトに詳しく記されています。それよりも私が気になるのは、以前iphoneの音量調節で不具合?で記した不具合が解消されているか、です。さて、どうでしょうか。
カメラを起動し、写真を撮ります。そして、iPodで音楽再生。音量ボタンを押してみます…。
大丈夫です!着信音量は連動しません。不具合は解消されているようです。公開されている不具合改善点には記されていなかったのですが。よかったです。

iphone4のユーザーガイド

iphone4って詳しい取扱説明書がついていないですよね。
ごくかんたんなヤツがついているだけ。
私はかれこれ15年ほどアップル製品をつかっていますが、
アップルの製品っていじっておぼえろ、みたいなところがあって。
そんなところがアップル製品のいいところなんですが。

ipgone4のサファリのブックマークの中に
「iphoneユーザーガイド」っていうのがあり、
各機能の使い方がひととおり載っております。
ヒマな時によんでみるといいかも。





iphone4の動画をお茶の間のテレビで観よう。

iphone4は720pのHD動画を撮影することが出来ます。720pって何?と言われちゃうわけですが、私も正確にはわからなかったので調べてみました。すると、



映像の解像度の規格でD1~D5まである。

D1:480i(従来のテレビ)

D2:480p

D3:1080i(ここからハイビジョン)

D4:720p

D5:1080p(BDとかがこれです)

※iはインターレース(偶数線と奇数線を交互に表示)、pはプログレッシブ(偶数線と奇数線を同時に表示)



ということです。テレビの映像端子にD端子というのがあります。最新のテレビだとD5端子、ウチにあるPSXなんかだとD2端子がついてたりしますが、このことですね。例えばD4端子がついてるテレビは720pまでの映像を再現できますよ、という意味です。で、iphone4はというと720pですから、高い方から2番目、D4クラスの映像を撮影できる、ということですから、かなり高い解像度です。



せっかくこんな高解像度の映像を撮影できるんですから、撮影した動画をお茶の間のテレビで家族みんなで見たい。というわけで、実際にやってみることにしました。



ネットでしらべるとiphone4のアクセサリーで、iphone4を直接テレビのAV入力に接続できるケーブルなんてのもありますが、とりあえず現在ある設備の中でやる、ということにしたいので却下。じゃあどうするか。



まず家にある映像出力機器は何があるか。まずVHSビデオデッキ。これは論外。

次にニンテンドーWii。これはD2端子までしか対応していないので再生できるかどうか。再生できたとしても画質は落ちてしまいそう。あとは…プレイステーション3。PS3なら1080pまで対応しているのでOKです。PS3で再生してみましょう。



まず、iphone4で撮影した動画をパソコンにコピーします。iphone4の動画はH.264のMPEG-4動画で、ファイル形式は「MOV」となります。iphone4をパソコンに接続すると同期されているパソコンであれば同期が実行されますが、撮影した動画や写真はパソコンにはコピーされないので、自分でコピーしてやります。マイコンピューターに「ポータブルデバイス」として認識されています。



動画をコピーしたので、とりあえずパソコンで再生してみます。「MOV」形式のファイルは「QuickTimePlayer」等で再生できます。…なんと!コマ落ちしてしまいます…コマ落ちとは、動画がなめらかに動かず、カクカクしてしまう事です。ウィンドウサイズを半分にすれば大丈夫なのですが、通常サイズだとだめです。パソコンのパワーが足りないようです。Athlon64×2のメモリ4GB搭載なんですが。だめですか。まあ確かにほとんどブルーレイ画質ですからね。無理もないか。となると、いよいよPS3に頼るしかなさそうです。



さて、まず普通に考えるのは外付けのHDかUSBメモリーに動画をコピーし、PS3に接続、です。そしてPS3で再生、なのですが、だめなのです。PS3で動画を認識しません。なぜか。PS3がこの動画のファイル形式「MOV」に対応していないからです。ですから、PS3で再生するためには動画を変換してやる必要があります。しかし、やったことのある人ならわかりますが、動画の変換は結構時間がかかります。急に「あ、この間の運動会の動画みせてよ」などと言われた時、「うん、じゃあちょっと待ってて」などといって動画の変換を始めたのでは「もういいよ」となってしまいます。なにかいい手はないものか。



ありました。



PS3 Media Server



PS3は、ネットワーク上の他のパソコン等に保存されているデータを再生する機能があります。PS3に認識させるためには、再生したいデータがはいっているパソコンが「DLNAサーバー」になる必要があります。そのためのソフトに、例えばウィンドウズ・メディアプレイヤー11等があります。「DLNAサーバー」として設定することにより、PS3からパソコン内のファイルにアクセスできるようになります。



しかし、いくらPS3からアクセスできるようになっても、かんじんのファイルを認識できないのではどうしようもありません。しかし、このPS3 Media Serverは、ファイルを変換しながらデータを送信してくれるのです。くわしくは、こちらのサイトを参照。



PS3 Media Serverの使い勝手

PS3 Media Server (PMS) まとめwiki



では、実際にインストールしてみましょう。まずソフトをダウンロードします。もちろん無料です。



http://code.google.com/p/ps3mediaserver/downloads/list からダウンロード。



リナックス版、マック版、Windows版とあります。ベータ版とそうじゃないのがありますが、「v1.20.412 BETA」の方を使用してください。古い方だとiphone4の動画は再生されません。



インストーラーを起動し、指示に従いインストール。PS3を立ち上げてから「PS3 Media Server」を起動します。無事接続されると「ステータス」タブに「PS3と接続中」と表示されます。

「表示/共有設定」タブの「共有フォルダ」の所に登録したフォルダをPS3からアクセスできるようになります。



さて、ちゃんと再生できるでしょうか。PS3で「ビデオ」を選ぶと「PS3 Media Server」という緑のアイコンがあるでしょうか。そのアイコンを選択すると、共有されているフォルダが見えるはずです。フォルダを選び、中の動画ファイルを選択すると…再生されました!ちゃんと画面いっぱいのサイズでコマ落ちもなく再生されています。



動画の他に音楽ファイルや写真なども再生できます。この方法なら、



1.iphone4からPCにファイルをコピー

2.「PS3 Media Server」を起動

3.PS3で再生



なので非常にかんたんにお茶の間の大画面テレビでiphone4の高画質動画を再生できます。PS3も初期のモデルに比べて値段も安く、消費電力も小さく、音も静かになりましたのでおすすめの方法です。



人気ブログランキングへ

マルチタスク処理。

iphone4(というよりiOS4)はマルチタスク処理に対応しています。

マルチタスク処理とは何か。それは、「アプリケーションを複数起ち上げ、切り替えながら使用できる」こと。例えばWindowsならばWord等のアプリを使用している時WEBを見たくなった場合、Wordをいちいち終了させなくてもそのままブラウザを起動すればWEBを見る事ができます。再びWordに戻る時もWordのウィンドウを手前にもってくるか、ブラウザを最小化してタスクバーにいれるとかするだけです。



現在のPCはメモリーを豊富に搭載しているので、平気でアプリを多数起動して切り替えながら使用する事ができます。例えばメディアプレイヤープレーヤーで音楽を鳴らしながらブラウザで2ちゃんねるを見つつ、Wordでレポートを書き、Skypeでチャットをする…。それがマルチタスク処理です。



では、iphone4は本当にマルチタスク処理をしているのでしょうか。確かめてみましょう。

iphone4のアプリの切り替えは、ホームボタンダブルクリックで行います。ホームボタンをダブルクリックすると、現在起動しているアプリが表示されます。

ホームダブルクリック


下段に並んでいるのが今起動しているアプリです。普通に使用していると、10個以上立ち上がっているんじゃないかと思います。ここで、今のiphone4のメモリの空き具合を見てみます。

SysStats Lite

このアプリは「SysStats Monitor」というアプリの無料版です。CPUやメモリーの情報を見ることができます。このアプリを起動してみると、

めもりあきなし


このように現在メモリは45.2MB空きであることがわかります。そこで先程のようにホームボタンをダブルクリックし、起動中アプリを表示させます。そしてアプリのアイコンを長押しすると、

ながおしした


こんな感じにアイコンがふるえだし、ストップマークが表示されます。そのストップマークを押してやるとアプリが終了します。

全部とじた


全部閉じてみました。そこで先程の「SysStats Lite」でメモリの空き具合を見てみましょう。

めもりあいた


今度は270MB空きとなりました。アプリが閉じてメモリが解放されたのがわかります。

では、はたしてどのくらいのアプリを起動することができるのでしょう。やってみたところ、どんどん起動はしますがメモリは0%にはならないようです。なんかうまいことやってるのでしょうか。



パフォーマンスが気になる人は、たまにアプリを閉じてやるといいのかもしれません。



  人気ブログランキングへ


iphone4のipodでアルバムアートを表示させよう。

iphone4でみなさん音楽を聴いていることと思いますが、アルバムアートを表示させるととてもかっこいいですよ。



例えばこんな感じ。

アート縦





































横にするとこう。

アート横


やり方は簡単。パソコン側のiTunesでアルバムアートを貼り付けてやればいいのです。



1.最初に貼り付けたい画像をインターネットで探します。Amazonの商品画像とか。

2.iTunesを起動し、ライブラリのミュージックを表示させます。

3.表示をアルバムグリッドにします。

4.左下に並んでいるアイコンの中に「項目のアートワークと~」

というのがあるのでそいつを表示させます。

5.探した画像をコピーします。

6.貼りたいアルバムの曲を全部選択し、左下に表示させた「アルバムのアートワーク~」のウィンドウにペースト。

7.アルバムグリッドに画像が表示されればOK。

8.消したい時は曲を選んだ状態で右クリック→プロパティで画像を削除。



そしてiphonと同期させると見事!アルバムアートが表示されます。



また、曲のプロパティに「歌詞」という所があります。そこに歌詞を入力してやると

歌詞


こんな風に歌詞が表示されます。タップで表示/非表示切り替えできます。








カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサードリンク
アマゾンサーチ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
スピッツが好きなウチの長女さまのブログ。 バンドやったりしてます。勉強もしているようです。
スポンサードリンク
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。